マンション査定の会社を選ぶ上での注意点

マンション査定のコツ

マンションを売却する場合には、良い査定会社を選ぶことが非常に重要です。

マンション査定には様々な方法があり、なかなか素人には分かりにくいものですが、中にはこれを悪用して高い利益を上げようとする場合があるからです。
マンション査定のコツ

マンション査定を行う際には、第一にすぐに媒介契約を結ばないことが大切です。

悪質な会社の中には査定額を相場より高くして専任媒介契約を結ばせ、他社が介入できない様にして長期間寝かせて、売主が痺れを切らして売値を下げたところを買取り売却して高い差益を得るという方法をとる所があります。

専任媒介契約の場合には他の業者が販売しようとしても出来ないため、販売権を抑えられてしまうと良い買い手が現れても売却することができないという契約なので注意が必要です。

専任媒介契約

その為、まずは相場を知るという意味ですぐに契約をせず、複数の会社に査定をしてもらい、その金額を確認することが大切になります。

マンション査定に於いては基本的にはその売却価格は相場を中心に回ることになるので、極端に高い査定を出すところや、すぐに媒介契約を結ぼうとする営業マンには注意が必要です。

最近では一括査定という方法もあるので、これを利用して複数社から見積もりを取り、比較検討するのも用意方法です

マンション査定の時に利用するサイト

マンション査定をする場合、なるべく高く売りたいところですが、査定額は、マンションの状態だけでなく売却する時期や場所などいろいろな面から総合的に結果がでます。

査定価格

また、業者によっても査定価格が違ってきますので、事前に自分である程度の情報を得ておく必要があります。不動産一括査定サイトはたくさんありますが、それぞれ提携している不動産会社が違いますので、一つだけに絞るのではなく、なるべく多くの査定サイトを利用しましょう。

ここではマンション査定してもらう会社を選ぶ上で、何点かちゅういする点を挙げてみたいと思います。

まず検索のしやすいサイトを選ぶ方が良いでしょう。不動産者数が多く、多くの利用者が利用している信頼性の高い会社を選びましょう。

業界大手の不動産会社の方が安心できますが、そこが一番良い会社だとは限りませんので、なるべく口コミなどを見て自分で確かめることが大切です。

また、インターネットでマンション査定を申し込む際に備考欄を積極的に利用しましょう。

自分が特に希望していることや、電話連絡をしてもらう時間なども書き込むと良いと思います。

また、まだ売るかどうか決心がつかず、価格だけ知りたいという場合でも、そのことをはっきりと伝えましょう。

マンション売却の税金と所有していた期間の関係

マンション売却を検討するときには、所有していた期間がどれくらいなのかを把握しておくことは必要となります。具体的には、5年が一つの基準となって、それによって税率が変わると考えておいた方が良いです。

譲渡所得が発生した場合、5年以下であれば短期譲渡所得、5年を超えれば長期譲渡所得なり、それぞれで税率が異なります。

長期譲渡所得の場合、所得税が15%、住民税が5%で、合計20%です。これに対して短期譲渡所得の場合には所得税が30%で住民税が9%ですから、合計で39%となります。倍ほどの開きがあるという点に注意しなければなりません。

ただ、マンション売却をするまでの期間を単純に計算するのではなくて、マンション売却をした年の1月1日の経過期間を指します。

マンション売却までの期間

例えば、2010年6月1日に購入し、そして2015年8月1日に売却した場合には短期譲渡所得となりますから注意が必要です。売却した年の1月1日は2015年1月1日ですから、5年が経過していないと判断されるわけです。

従って、この物件の場合には、2016年1月1日売却するほうが、税制面では有利だと言えるでしょう。5年前後の場合には、細かく計算して確認しておいた方が良いです。
マンション売るならどこ?@マンションを売る時に注意すること
マンションを売る時に注意すること
出典:http://www.oxfamrmx.org

マンション売却の査定の後の決済について

マンション売却の査定を受けて買い手が見つかれば、決済をしなければなりません。この手続きは、普通は不動産会社を通して行います。

マンション売却の査定を依頼した不動産会社がその手続きの準備をしてくれるでしょうから、実際にはそのために面倒なことをしなければならないわけではありません。マンション売却の決済に先だって売買契約を結びます。
買い手が見つからない

の売買契約の時には手付金を買い手から受け取ることができます。手付金の金額に決まりはありませんが、これは代金の一部を先に支払うものだという点に注意が必要です。買い手としては、ローンがおりるまでにはキャッシュがないこともあって安くしたいと考えることもありますが、解約手付けの意味を考えれば、ある程度の金額は受け取っておきたいものです。

このあたりも不動産会社と相談することが必要となります。不動産会社によっては、価格に対して何パーセントと決まっていることもあります。

どちらにしても、先に受け取るだけで、その後の決済の時には、手付金として受け取った金額を差し引いて受け取ることになります。

それと同時に仲介手数料などの、ほかの費用を支払うことが多いでから、実際にはそれらの費用も差し引かれると考えておきましょう。

中古マンション査定@マンション高く売る・相場を知るには
最近のマンション査定の状況をまとめました。
参考:http://franmatrixprofile-fbatweiss.com

マンション売却の査定と購入価格の関係について

マンション売却をするにあたって査定を受け、その価格が安いことに驚く人もいます。購入価格と比較して安すぎると感じる人も多いでしょう。

これは仕方のないことで、査定を受ける前に 覚悟しておいた方が良いです。特に新築で購入した人の場合、マンション売却をするときには中古という扱いになります。新築の場合と中古の場合とでは、もちろん価格が違います。

中古であると言うだけでかなり安くなるのが事実なのです。また、建物や室内の設備がほとんど劣化していなくても、中古と言うだけで安くなるのは仕方がありません

マンションの設備
中古の場合には保証がきかなかったり、あるいは法的な制度がきかなくなったりしますから、やはり安くなるのは当然だと考えておいた方が良いです。

ですから、マンション売却をするときには、購入価格のことは忘れた方が良いです。

できるだけ高い価格で売るように心がけることは大事なことなのですが、購入価格と比較することは無意味です。

購入したときとは不動産市況も異なっているでしょうし、金利情勢も異なっているでしょうから、価格が違うのは当然のことだと考えられます。

マンション売却をするときには、購入したときのことは忘れたほうが、冷静に売却できるでしょう。

マンション査定@マンションの適正価格・価値を知る
初めてのマンション査定
公式サイト;http://www.bagdatlilarservis.com